ルミガンの効果的な使用方法

まつ毛育毛に興味がある人であれば、ルミガンという名称を一度は聞いたことがあるかもしれません。ルミガンは店舗で市販されておらず、宣伝広告をしていないのに高い関心と口コミで人気があるまつ毛育毛剤です。

ルミガンは美容目的で作られた製品ではなく、もともとは緑内障の治療のための目薬として製造されました。目薬の副作用として、まつ毛が長く濃くなるといわれ、今やすっかりまつ毛育毛剤として定着しています。

ルミガンの使用方法は、「1日1回、片目1滴分」というのが基本的なスタイルです。使用方法はとてもシンプルですが、ルミガンの効果をより実感するために、いくつかポイントがあります。

まずルミガンは、アイライナーブラシや専用のアプリケーターで塗布することが基本です。「綿棒でも代用できる?」と思って綿棒を使用する人もいますが、綿棒はおすすめできません。というのは、コットン素材の綿棒は、ルミガンの液体をコットンが吸収して、肝心のまつ毛の生え際に塗る量が減ってしまうからです。量が減れば当然まつ毛育毛の効果は低くなるので、筆タイプのものを使用することをおすすめします。
次にルミガンを塗るタイミングです。ルミガンを塗るのは断然夜がおすすめです。夜のお風呂上り、メイクを落として肌を清潔にした状態でルミガンを塗るのが一番効果的です。「朝の洗顔後も肌は清潔」と思われがちですが、ほとんどの女性は朝の洗顔後にメイクをします。メイクをすることで色素沈着を起こす可能性があるので、夜に塗布することをおすすめします。

ルミガンをまつ毛の生え際に塗る際に、液がはみ出してしまう場合があります。その時は無理にこすらずに、ティッシュなどの清潔なもので優しくふき取りましょう。こすると色素沈着を起こして、パンダのようにまぶたのあたりが黒ずんでしまう可能性があります。色素沈着を防ぐためにも、注意しながら塗ることがポイントです。

ルミガンの効果を最大限に引き出せるように、ポイントを押さえて使用しましょう。