ルミガンとラティースの違い

話題のリミガンでまつ毛の育毛をのイメージ画像です

まつ毛育毛剤としてのルミガンに興味がある人であれば、気になる商品として「ラティース」があります。ルミガンのことを調べていけば、必ずラティースという商品に出会いますが、その違いが何か知らない人も多いです。「ラティースとは何?ルミガンとの関係は?」と気になる人のために、ここでは解説しましょう。

口コミで大人気になったルミガンですが、もともとは医薬品です。緑内障の治療のための目薬として製造、販売されたのです。まつ毛育毛の効果は、あくまでも副作用として表れました。

しかし、いつしか緑内障のための目薬としてだけではなく、美容目的で購入を希望する人が増えました。そのため、ルミガンと同じ成分だけれども、美容目的の商品として販売したのが「ラティース」なのです。ラティースの販売元は、ルミガンと同じアラガン社です。
なぜルミガンが、ラティースという違う名前で再販する必要があったのかというと、理由はルミガンのパッケージにあります。ルミガンは医薬品です。パッケージデザインを見れば分かりますが、到底美容商品とは思えません。そのため、美容目的として販売するためには、パッケージデザインを新しくして名称も変える必要がありました。副作用としてまつ毛育毛の効果があるのではなく、まつ毛育毛が目的の美容商品にしたかったのです。それがラティースです。

ラティースがルミガンと異なるのは、パッケージデザインだけではありません。販売価格も違います。美容目的で販売されているラティースの方が、ルミガンの倍近く高い価格です。また最初から美容目的のラティースなので、付属品として専用の使い捨てアプリケーターがついています。アプリケーターとはミニサイズの筆のようなものですが、ルミガンやラティースを使用する際に使います。ルミガンは医薬品なので、自分で別途アプリケーターを準備する必要があります。

ルミガンと同じ成分でありながら、名称とパッケージデザインが異なるラティースという商品が誕生しました。それだけルミガンに、まつ毛育毛の効果があるということです。今やラティースは、海外のセレブ達の間で大人気商品になっています。